ENEOSを頻繁に利用する。もしくは固定でENEOSしか利用しないといったドライバーは一般価格で給油をしていると大損だ。

専用クレジットカードで支払いをすることで請求時に値引き分を相殺してくれたり、貯まったポイントで好きな商品と交換などガソリンを入れる行為は同じでも未来が変わってくる。

ガソリン代の節約をシビアに行うならガソリンカードは必須だ。

ENEOS/JOMOで最大級のガソリン代節約を行うことができるカードを下記で厳選したので参考にしてみてくれ。

ENEOS/JOMOで最強カード

ENEOSカード

ENEOSカード

ENEOSを利用していてガソリン代の節約を行うなら持っておかないと損。一般加盟店でカード利用しても0.6%の還元も受けられるのでショッピングにだって使える。3種類のカードが用意されており特徴が違うので面白い。

ENEOSカードの徹底解説

楽天カード

楽天カード

楽天カードはENEOS系列のスタンド通常の2倍。つまり2%還元でポイントが貯まっていくお得なカードだ。もし楽天ユーザーであるなら使い勝手も良いのでENEOSカードの変わりに検討をしても良いだろう。

楽天カードの徹底解説

ガソリン代節約のために使うならどっち?

ガソリン代節約のために使うなら圧倒的にENEOSカードだ。

なぜならENEOSでは一般価格と会員価格があり、ENEOSカードを持っていれば「会員価格」で給油をすることができる。

加えてカード特典の値引き、ポイント還元、キャッシュバックといった割引がさらにプラスされてくる。

ただしENEOS店舗の中には提携カードとして楽天カードも含まれていれば楽天カードでも会員価格で給油をすることが可能だ。

しかし楽天カードは還元率2%。
ENEOSカードPであれば還元率3%になる。ENEOSカードの種類によって楽天カードの方がお得なケースもでてくるが、3種類あるENEOSカードで最もお得に給油するのであればENEOSカードPを選ぶべきだ。

しかもENEOSカードはロードサービスあり。ETCカードも無料で作ることができる。

【俺式】ENEOS最強割引カード

ENEOSカードP

会員価格+ポイント還元3%といった割引になる。ENEOS利用1000円ごとに30ポイントが付与されて貯まったポイントは請求時から値引きをすることも可能。月間7千円以上ガソリン代を消費するならENEOSカードPが最強だ。それ以下のガソリン代の場合はENEOSカードS、楽天カードを選ぶと良い。