エンジンをかけた直後は燃費消費が激しい

現在の車はエンジンをかけた後の暖機運転は必要ないとされています。エンジン始動後すぐに運転をしてもなんらトラブルは起こらない。それでも多少は車を暖気させるためにアイドリングをする方も多いのではないだろうか。

エンジン始動後のアイドリングは燃費消費が激しいとされているので、できれば避けることが懸命。もし暖気運転をしたければいきなりエンジンを蒸すのでなく、ゆっくりとアクセルを踏んで徐々にエンジンを温めていく運転方法を採用するべきだ。

暖機運転は燃費消費が激しいのですぐに出発をする。これは覚えておいて欲しい。

冬場の霜取りは工夫をこらす

エンジン始動後、すぐに出発が難しい季節が冬場ではないだろうか。

フロントガラスには霜が張って前が見えないケースが多い。運転ができる状態ではないだろう。また車内も寒いのでエンジンをかけて暖気運転をする方は多いと思う。

俺も昔はやっていたが霜が取れるまでエアコンをかけて霜が溶けるのを待っていた。しかし、これは燃費消費をさせてしまう。

そこでちょっとした工夫としては日陰ではなく朝になると日があたる場所にフロントガラスを向けて停めておくこと。

こうすれば日差しと共にフロントガラスのバリバリになった霜は簡単に溶けていく。

他にはお湯をペットボトル等に入れておいて出発前にフロントガラスにかけてあげればすぐに霜は溶ける。

このような工夫をしておけば暖気運転いらずでエンジン始動後はすぐに出発ができる。

夏の車内温度上昇も日除けカバーを活用

冬場と逆で夏は車内が暑い。冷えるまで暖機運転しながら冷房をかける人も多いだろう。

これも燃費を悪化させている原因の1つだ。

こちらの記事でも書いたが夏場の車内温度を抑えるには日除けカバーが大活躍してくれる。1つ持っておけば半永久的に使うことができるのでコストパファーマンスも良い。

ちょっとした心がけ1つで車の燃料節約は可能だ。できることから始めてみて欲しい。