道路が空いている時間帯にガソリン節約走行

少し考え方の視点を変えてやると車の燃費向上をさせることができる。例えばタイトルにある通りに渋滞を避けた時間帯に行動をすることだ。

基本的に通勤時間であれば朝、夕方が最も道路は混む。

しかし、早朝や夜間はどうだろうか。多くの場合では道が空いていると言って良いだろう。

燃費向上のための走行をするのであればいつもより早い時間に家を出て会社に向かう。夕方は混む時間帯を避けて家に帰る。面倒かもしれないが、ちょっとしたことで車の燃費を向上させることが可能だ。

時間に余裕が生まれるから気持ちにも余裕が生まれる。朝はちょっとしたブレイクタイムを挟んでも良いだろう。渋滞にハマるよりもよっぽど有意義な時間を過ごすことができる。

そんな面倒なことはできない…なんて場合はVICS内蔵のカーナビをつけて渋滞情報、交通規制のない道を軽やかに行こう。

VICS内蔵カーナビのお勧め機種はこちらに書いた。

土地勘のある場所であれば、渋滞のしない道などを見つけて活用するのも良い。

空いている道があるのにわざわざ渋滞する道を選ぶ理由はないはずだ。

あるデータによると渋滞時の燃費とそうでない場合の燃費性能では約2倍の違いが見られたデータもある。

現在の車は燃費技術が非常に進歩しているがちょっとした手間をかけるだけでよりガソリンの節約ができる。

例えば150円/Lの場合、年間で100Lもガソリン節約ができれば15,000円も節約が可能となる。この数字を良いとみるか、悪いとみるかは人それぞれだが、普通に大きな数字だと私は思う。

その他、節約術を使えばもっと節約は可能だ。

ガソリン専用クレカでよりお得な節約が可能

上述したが渋滞した時間を避けた節約術の他にも様々なガソリン節約方法がある。

その1つがよく使うガソリンスタンドで値引き、ポイント還元、キャッシュバックなどの特典があるクレジットカードでガソリンを給油することだ。

これは当サイトのメインテーマであるので最強のガソリン専用クレカを選びたければTOPページを参照してほしい。

あらゆるガソリン節約術を活用すれば年間で数万円のガソリン節約術は可能だ。

いきなり全部を行う必要はない。今できることから節約することでこのガソリン高騰時代を上手に切り抜くことができるだろう。