スウィートスポット走行で燃費向上

燃費の良い車の走行をするには走行時のスウィートスポットを見つけることが大切と言われている。一般的に言われていることだが、車の燃費向上に良いスピードというのは約50km〜60km前後の走行時。

そのスピードの中でさらにエンジン音が最も静かなところがいわゆる車のスウィートスポットだ。ココが最も運転している車の燃費が良い走り方。

燃費をよくする走行の基本は速度50km〜60kmまでスムーズな加速をして速度を維持しながら高いギアを使って走ること。高いギアならエンジンの回転数を抑えることができますし、負荷も抑えることができる。

この「スウィートスポット走行」というのは燃費ギネス記録を保持している宮野滋さんが名づけた走行方法。

エンジンが低回転で回っていると自然とエンジン音も静かになり燃費消費量を抑えていることに繋がるとのことだ。

このガソリン価格が高騰している現在ではガソリン代の節約をするために運転方法も燃費向上に役立つ走行を極めることが大切。

燃費向上運転のコツ

燃費を向上させるスウィートスポット走行のコツはなんといってもアクセルペダルの踏み方にもある。

アクセルを踏んだり、離したりを繰り返す運転はエンジンに負荷を与えて燃費向上には役立たない。基本はアクセルペダルに足を載せた状態で微妙なコントロールをすることがコツ。

一定の踏み込みを維持しながら、あとは微調整をして最もエンジン音が静かな場所を見つけて維持することが燃費向上に役立つ運転のコツだ。

ただし信号が多い道路ではなかなか、アクセルを一定にして運転することも難しい。その場合はゆっくり加速して前方の車とある程度の距離を保つスピードを維持して走行すると良い。