燃費が良いクリーンディーゼルといった車の選択肢

燃費が良い車は軽自動車、ハイブリッドだけではない。現在ではディーゼル車両も見直されており、高い燃費性能を実現する車として注目を集めている。

ディーゼル車両はもともと、ガソリン車よりも燃費が良い。

その理由としてはディーゼルエンジンは熱力学における理想的な状態を実現することを目的に開発されたエンジンでもあるからだ。そのためガソリンエンジンに比べると熱効率のエネルギーをどれだけ車に還元できるかを考えるとガソリンエンジンに比べると利点が多いのだ。

またディーゼル車=排出ガスが汚いといったイメージを持っている人もいるかもしれないが、現在のクリーンディーゼル車ではそんなことはない。

昔から環境に悪いイメージがあるディーゼルだが排出ガスの規制が進んだ現在ではしっかりと規定以内に抑えられたディーゼル車が多く、ガソリン車と比較しても環境に対応性をもたせているのが特徴的だ。

クリーンディーゼル車のデメリット

環境問題にも対応したクリーンディーゼル車。
燃費も良く、パワフルな走りが魅力的だが、ガソリン車に比べると車体価格が高いことがデメリットでもあると言える。

ディーゼル車はガソリン車と比べるとより性能の高いエンジンを作る必要があるため、どうしてもガソリン車よりも数十万円は値段が高くなってしまう。

ただしクリーンディーゼル補助金などもあるので上手に交渉すればガソリン車までにいかないがお得にクリーンディーゼル車を購入することができる。

ガソリン代の節約にディーゼル車は最高

車両価格はガソリン車に比べると多少高いが、長く乗るのであれば価格差も埋めることができる。

その理由としてはクリーンディーゼルの燃料は軽油である。

現在のガソリン価格と軽油価格をみると約20円〜30円程度は開きがある。つまり安い金額で燃料を入れることができ、ガソリン車よりも燃費が良いのでガソリン代の大きな節約に繋がるのだ。

例えば燃料代の差が25円の場合、1ヶ月に約100L程度の給油をする方であれば月間で約2500円近くはガソリン代の節約になる。年間でみれば約3万円である。

3年〜5年程度、乗ればガソリン車両との価格差も取り返すことができる。

さらにエコドライブ、ガソリン代を節約できるカードなどを利用して燃費をサポートしてやればもっと費用対効果は高いと言えるだろう。

クリーンディーゼル車両は長く一台を愛用する人。年間走行距離が多い人などにとって最適な自動車と言える。