燃費を良くするために軽い車を選ぶ

車というのは重量が軽いほどに負荷が軽減されるので燃費も向上する。つまり燃費が良い車選びの1つには軽い車を選ぶといった選択肢が存在するのだ。

また車に積んだ無駄な重量物を取り除くことで燃費を向上させることもできる。

特にアウトドア派の方はレジャーにいってそのまま車に荷物を積んでいる傾向が多いので燃費向上の妨げになりやすい。レジャーが終わったら必ず荷物は降ろしておいた方が燃費節約に繋がる。

燃費の良い車選びも大切だがこういった基本的な燃費を伸ばすテクニックもぜひ、活用して燃費向上に役立てよう。

カタログに近い燃費数値を出す方法

現在はJC08モードといった走行方法で自動車の燃費をカタログ表記している。

実際に新車を買った方ならわかると思うがカタログ表記のような燃費性能を出すのは非常に難しい。実際にはカタログよりも燃費性能は低いのが基本だ。

いかにしてカタログの燃費性能に近い数値を出すかはやはり運転テクニックなどにもある。

できるだけ電気系統の使用の無駄を省き、アクセルの動きも一定に保つ。

低燃費と呼ばれる車であってもやはり運転テクニックの違いなどでかなり燃費性能は変わってくるようだ。

俺も色々な車を運転してきたがアクセルを一定に保ち、できるだけアクセルを離したり、踏んだりしないような運転を心がけると飛躍的に燃費向上に繋がると確信している。

燃費にシビアになるなら車選びと同時にエコ運転も身につけると燃費代の大きな節約に繋がる。