毎月3万円のガソリン代で漢方スタイルクラブカードはどのくらいお得なのか?

漢方スタイルクラブカードは通常還元率が1.75%となっている。

ポイント付与条件としては2000円=7ポイントとなっている。毎月ガソリンスタンドで3万円分の給油代金であれば105ポイントが入る計算だ。ポイントの価値は5円〜10円相当。交換するサービスによって変わってくる。

例えば、通常還元率1.75%のケースでガソリン価格が130円の場合、どのくらいの値引き率になるのか?

130円/Lに対して還元率1.75%計算をすると約2.275円の値引き額となる。通常のガソリンカードである一律値引き型よりも少しだがお得な値引率と言える。

多く給油すればするほど、値引き額も差がでてくるので通常の2円引き/Lガソリンカードよりもメリットが高いといえる。

しかし、燃料価格が114円のケースだと1.995円の値引きとなる。これでは通常の一律型値引きカードよりも値引率が低くなる。ガソリンが114円台までいきなり下がることは考えにくいが軽油価格は114円を下回ることも多い。

つまりガソリンを給油する車にとってはメリットが高いが軽油を給油する車に対してはメリットが低いことになる。最近ではクリーンディーゼルの車なども増えてきたので燃料が軽油の方は漢方スタイルクラブカードよりも各スタンドでお得なガソリンカードの方が良い。

しかし、いつも決まったスタンドで給油をしない方にとって、お得にガソリンを入れるのであれば漢方スタイルクラブカードは非常に魅力である。ポイント交換を薬日本堂商品割引券にすれば還元率は3.5%になる。

なにはともあれ、漢方スタイルクラブカードはガソリン価格が114円以上なら魅力的なカードに違いはない。付帯保険も充実しているし、nanacoチャージなどによってもポイントが付与されるので持っておいて損をしないカードの一枚だ。

漢方スタイルクラブカードがお勧めな人

漢方スタイルクラブカードはガソリン、ショッピングにとお得なカードだ。理由は通常還元率が高いから。

このことから漢方スタイルクラブカードがお勧めなドライバーは決まったガソリンスタンドで給油をしない方だ。

各スタンドごとにお得なカードを持つことも良いが年会費などがかかると逆に損をしてしまうケースもある。漢方スタイルクラブカードならどのガソリンスタンドで給油をしても通常還元率である1.75%の恩恵を受けることができるので普通に現金価格で入れるよりもよっぽどお得なガソリン節約術となる。