楽天カードならENEOSでガソリン代を節約

楽天カードは提携店舗であればポイント還元率が2倍となる。ガソリンスタンドではENEOSがポイント加盟店となっているのでENEOSで給油すれば他のスタンドとは違いポイントが2倍貯まる形となる。

内訳としては楽天カード利用ポイントが1ポイント。ポイント加盟店での利用が1ポイントとなるので2倍といった謳い文句となっている。

100円の利用に対して2ポイントになるので1000円分ガソリンを入れれば20ポイント付与されることになる。

1ポイントは1円相当の価値なので単純に1000円分ガソリンを入れると20円値引きと同等である。

楽天カードは実質、ガソリンが値引きされるわけではなくポイント付与になるのだが、ポイントの使い先が楽天サービス全体と幅が広い。

生活用品も販売している楽天市場などで普段スーパーで現金買いをしているものがポイントで買えるようになるのでありがたい。

値引き率でいえばENEOSカードSと同等なのだが、ENEOSカードはガソリン代値引き額を請求時に相殺するが、楽天カードはポイントを楽天で売っている商品と交換することができる。

なので給油で貯めたポイントを必要な商品と変えたい方に楽天カードはメリットが高い。

さらにENEOSカードとの大きな違いはENEOSカードはENEOSだけしか値引きを受けれないが、楽天カードはENEOS以外でも利用すれば100円1ポイントが付与される。

つまり使うガソリンスタンドが固定されていない方にとってもメリットがある。