還元率の高いガソリンカード【ENEOSカードP】

ENEOSカードP

3種類のENEOSカードの中で非常に高いポテンシャルを持っているのがENEOSカードPだ。ポイント還元型になっており、ENEOSでの利用に関しては1000円ごとに30ポイントが貯まっていく。

その他ENEOSカード一般加盟店であれば1000円利用で6ポイントが貯まる。

貯まったポイントに関しては1000ポイントから利用可能で、燃料に使えたり、お得な景品とポイントを交換することも可能だ。

俺はENEOSカードではこのポイント還元型を一番の推している。理由はこちらの記事でも書いているが、毎月のカード利用額が7万円以上だとCカードがお得に見えるが、7万円の使い道が一般加盟店であればPカードではENEOSの利用以外に約420ポイント貯まることになる。

さらにENEOSで給油をすればポイントはどんどん貯まる。ポイント還元型は毎月カードの利用額も7万円以上使う。ENEOSでたくさん給油する方にとって一番還元率が高いのがENEOSカードPなのだ。

ENEOSカードPの特徴

さらにENEOSカードPの特徴はガソリン価格が高騰するほどにメリットも高くなる。ガソリン価格が高くなるほど給油額も高くなるのでポイント量が増える。

貯まったポイントの有効期間は2年間となっているが十分に使い切れる期間でもある。

ENEOSカードPの特徴

現在は1000ポイント=1000円換算となっているので1ポイントは1円相当だ。

軽自動車を満タンにして20Lだとしたら、60ポイントが貯まる。単純に考えて20Lに対して60円値引きとなる。

例えば給油価格が130円だとして1リットルあたりの値引き率は3円となる。

そしてENEOSカードCのように値引き上限給油量が設定されていないのもありがたい。

ENEOSカードPの基本情報

ENEOSカードP

国際ブランド VISA/JCB
発行会社 トヨタファイナンス(株)
年会費 1250円(初年度無料)家族会員/無料
ロードサービス あり
その他特典 指定店舗での修理代5%OFF、指定店舗でのレンタカー利用料10%OFF

PカードもSカードとは違い、次年度から年会費が発生する。

しかし、給油量が多いのであればすぐに年会費分は回収できる。例えば月間のガソリン代が3万円であれば900ポイント与えられる。

単純計算で約1ヶ月10日で年会費分のコストは回収できる計算となる。

そしてENEOSカードPは給油以外にもENEOSでの洗車、オイル交換等でもポイントが付与される。洗車、オイル交換は1年に複数回行うはずなのでENEOS利用の頻度が高い方にとって非常にメリットがたくさんだ。