4WD車の燃費を伸ばす運転方法

車のカタログを見てもらうとわかるが、2WDに比べて4WD車というのは燃費性能が劣る傾向がある。しかし、日本において様々な気候があり、雪の中で生活をする方も多い。全てのタイヤが駆動する4WD車というのは無くてはならない存在だ。

4WD車両の燃費性能が悪い要因としては車両重量が増えること。フリクションと呼ばれる抵抗値も増える。なにより2WDと違い4本のタイヤを駆動させるのでエネルギーが多く必要ということだ。

4WDで燃費を伸ばすのであれば、あらゆるエコ運転テクニックを駆使することがまずは大事。

また今では2WD、4WDと駆動方式をボタン1つで切り替えできる車両も多い。

必要ない時はできるだけ2WD設定にして運転を心がけることも大切。

最近ではコンパクトSUVが人気だ。

見た目は格好良いが重量も重たく車体を止めるためのブレーキエネルギーも大きい。このような車体重量のある車を運転する時はより一層のエコドライブを身につけて燃費向上に務めることが燃費を節約する方法に繋がる。

燃料代を安くすることも立派な燃費節約術

エコドライブの実践をしてもらい、さらに燃費代を節約したいのであれば、燃料代を安くすることも考えるのが良い。

ガソリンスタンドにいけば非会員価格、会員価格では燃料代に2円〜5円程度の差があることはご存知だろう。

たかが数円とバカにしていると足元をすくわれることになる。多くの方は車とは長い付き合いで数順ねんは乗り続けるだろう。たかが数円だが長い目でみると数万円、数十万円も燃料代金を節約することに成功するのだ。

現在は無料でガソリン代割引のクレジットカードが作れる。

年会費がかかると敬遠している人もいるかもしれないが、年会費無料のカードだってある。値引き額によってはカード年会費など1ヶ月〜2ヶ月程度の利用で回収もできる。

例えばENEOSカードPを例にしてみよう。

ENEOSカードPはENEOSサービスステーションの利用、1000円ごとに30ポイント付与。1ポイント=1円なので30円値引きとなる。年間でガソリン代20万円程度を使う方だと付与されるポイントは6000ポイントにもなる。値引き額でいえば6000円だ。

10年使い続ければ6万ポイント。

6万円もガソリン代を浮かせることができるのだ。「そんなものかぁ。。。」と思う方もいるかもしれないが、車を使う人ほど値引き額は多くなる。小馬鹿にはできないのだ。

上記の例でいった年間で6000円の節約。6000円浮けば1回や2回は美味しい料理を食べることだってできる。書籍が好きなら年間で4冊〜6冊程度は多く購入することができる。

年間で数千円の節約かもしれないが、その節約できたお金で色々なことができるのはメリットが高いと俺は感じている。

少しでも燃料代を節約したいのであればガソリンカードの利用も検討するべきだ。