燃費を伸ばすなら標識、信号はよくチェック

燃費を伸ばす上で大切なことは数秒後に車の動きがどうなるのか?といった予測をたてることも重要な燃費節約方法となる。

交通状況をしっかりと把握することで急発進、急停止などを減らすことができるからだ。

燃費を伸ばすには一定速度、速度変動をできるだけ少なくするといった走り方が燃費を伸ばしていく。つまり交通状況の理解は急な速度変動を助ける手助けになる。

例えば信号が青で急いで渡ろうとすると黄色になり急いでブレーキをした経験がある方は多いだろう。

アクセルを踏み込んで急な加速は燃費消費が多くなる。そして間に合わずに急ブレーキ。エンジン回転を急激に下げるわけだから燃費にも良くない。

しかし、交通状況を理解して、一定速度を保ち、信号が変わっても余裕があり、惰性で走行をしてゆっくりとブレーキを踏むようになれば車、エネルギーへの負担を軽減することができる。

運転としても非常に安全だ。急な速度変動もないので事故だって減る可能性も高い。

実は1日20回程度の余裕のあるアクセルオフ。つまりアクセルを離して惰性で走りゆっくりと停止するといった走行を心がけていると年間では70L〜80Lは燃費を節約できる計算になるようだ。

朝の通勤時間帯などは遅刻しそうで焦る気持ちがあるかもしれないが、事故の元にもなるのでぜひとも、交通状況を理解した運転テクニックを身につけて燃費を伸ばしていってほしい。