渋滞時の燃費を節約させる運転テクニック

レジャーシーズン、長期連休シーズンになるとどうしても道路は混んできて渋滞になりやすい。ただし渋滞も時と場合。動かない渋滞もあれば、ノロノロだが少しづつ前に進む渋滞もある。

特に動かない渋滞時はちょっと走る。すぐ止まるの繰り返し。

これはアイドリングストップを行っていてもエンジンに負担をかけますし、逆に燃費が悪化してしまう。アイドリングストップは燃費に良いのは間違いないが動かないような渋滞ではアイドリング機能をOFFにしたりすると良い。

断続渋滞は速度が乗ってきたと思ったら止まったりするのでこちらもアイドリングストップは不向き。燃料の消費が多い発進の回数が多ければ多いほど燃費の低下を招いてしまう。

上手な渋滞時の運転方法というのは発進と停止を効率よく行うことで燃費を節約することができる。

燃費を緩和する渋滞時の発進&停止のコツ

渋滞時は急発進などご法度だ。
基本的にはアクセルにそっと右足を添える程度にして流れに沿った速度で走行をするようにする。そしてエンジン音が大きくなればなるほどエネルギーを使っていることになるのでエンジン音には注意をしておこう。

断続渋滞時では発進してもすぐに停止する機会が多いはずだ。

できるだけ前方の車、数台の動きを観察して減速、停止をしているようならアクセルは踏まずに車の惰性だけで走行すれば良い。

渋滞時でもちょっとした気遣いで燃費を伸ばすエコ運転は可能だ。

無駄な燃費を消費しやすい渋滞時において上記のような意識を持って運転を心がけてくれ。少しでも燃費が伸びるはずだ。