カード利用額が多い人ほどガソリンが値引き【ENEOSカードC】

ENEOSカードC

ENEOSカードにはC・P・Sといった種類がある。特に毎月のカード利用額が多く、ガソリン代の値引きをよりお得にしたい方はP、SよりもCタイプのENEOSカードを選ぶのが得だ。

理由としてはENEOSカードPはポイント還元。ガソリンを入れる量が多いのであればPカードの方がお得だ。しかし、他のショッピングでカードを使い、ガソリンを入れる回数はそこまで多くはない場合はあまりメリットがない。

そしてSカードは常に2円引き/Lとなっている。こちらはカード利用も多くない。ENEOSでガソリンを入れる量も少ない、普通といった方向きだ。

Cカードについてはカード利用額が月間7万円以上の場合は最大でリッター7円引きの恩恵を受けることができる。毎月150Lまでは7円値引きだ。

つまり、ガス、水道、家賃、光熱費等をクレジットで支払いしている場合はすぐに7万など超すだろう。そして月間でガソリンを入れる量が150L未満の場合は非常にお得なカードとなる。

ENEOSカードCの特徴

前述したがENEOSカードCは毎月のカード利用額が多いほどお得な値引率になっている。下記がそのガソリン・軽油値引き率だ。

ENEOSカードCの値引率

キャッシュバックサイクルについてもイメージができにくい方は下記の図を参考にして欲しい。1ヶ月目のカード利用金額に応じて値引き単価が案内されて、3ヶ月目の利用金額に対して請求時に値引きされるといったものだ。

ENEOSカードC利用イメージ

ENEOSカードCの基本情報

ENEOSカードC

国際ブランド VISA/JCB
発行会社 トヨタファイナンス(株)
年会費 1250円(初年度無料)家族会員/無料
ロードサービス あり
その他特典 指定店舗での修理代5%OFF、指定店舗でのレンタカー利用料10%OFF

Sカードと違い、発行された次年度から年会費が1250円発生するのがネックである。

ただし、毎月カード利用額が7万円以上で値引率が7円/L、月間ガソリン利用料100Lだった場合、値引き額は月700円。約2ヶ月程度で年会費を回収できる計算になる。

ENEOSカードCは毎月のカード利用額は7万円以上。ガソリン・軽油の給料が100Lを超える場合はメリットの高いカードといえる。