無駄なブレーキを減らして燃費向上

高速道路などではない一般道を走る時に燃費を伸ばすテクニックの1つに無駄なブレーキを極力しない運転方法がある。

ブレーキを踏んでアクセルを踏んでといった運転を繰り返すとそれだけガソリン消費量も多くなり、余計な燃料を使うことになる。

車の燃費を伸ばせない人の運転にはこのような無駄なブレーキをやたら踏む方が多い。そしてせっかちなのか交通の流れに合わせずに車間距離が詰まったらブレーキ。そして加速といったことを繰り返す傾向がある。

当然だが2車線の道路でも追い抜きをするために道路を右へ左へとやっていればアクセルを踏んだり、離したりを繰り返して消費を増やしてしまう。

つまり速度変動の多い運転方法というのは燃費悪化以外にも事故を起こしやすい運転方法なので心当たりがある人間は注意をして運転をする必要がある。

ゆっくりした加減速。道路の流れに乗って速度を保つ。そしてスウィートスポットを見つけて走行することが燃費消費を軽減させる運転テクニックでもある。

無駄なブレーキを踏まないコツ

無駄なブレーキを減らす運転のコツがあるとすればまずは、車間距離を十分にとって走行をすることだ。

車間距離は回りの車の速度によって変わってくるが、前の車がブレーキを踏んでもこちらは減速するだけでブレーキを踏むことなく走行できるくらいの車間距離が良い。

このようにすれば大きな速度変動なく走行をすることができる。

必要があればゆっくりとブレーキを踏んで減速をする。

しかし、この車間距離が短いと車間距離が詰まるたびに反射的に余計なブレーキを踏むことになりガソリンを消費することになる。

車間距離をしっかりと保つ運転は燃費だけでなく交通事故を防ぐ運転方法としては非常に適している。焦る気持ちもわかるが、焦って運転をしても到着時間にそれほどの差が生まれるとは限らない。

ぜひ、燃費を伸ばすためには車間距離を意識した運転テクニックを身につけていこう。