ENEOSカードは3種類あり自由に選ぶことができる

ENEOSカードには【C・P・S】といった種類がある。

ENEOSカードC

Cはキャッシュバック特典を意味しておりカードによる利用金額に応じて請求時のガソリン値引き単価が決定されてくる。

ENEOSカードP

Pはポイント還元特典だ。
カードを利用すればするほどポイントが貯まっていき、ENEOSで使用すれば還元率3%。つまり1000円利用すれば30ポイントが貯まっていく。

貯まったポイントはENEOSでガソリン代として使えたり、商品と引換することもできる。

ENEOSカードS

Sはスタンダート特典だ。
他のカードとは異なりいつでもガソリン・軽油がリッター2円引きで給油することができる。さらに灯油もいつでも1円引きだ。

他にもショッピングをすることでポイントは貯まっていきポイントが貯まれば1000ポイント=1000円換算でガソリン代、景品と引き換えができる。安定したENEOSカードである。

全カード共通でロードサービス付き

3種類のカードに共通していることがロードサービス付きといったこと。

万が一の時にロードサービスがあると非常に役立つ。

無料サービスの範囲ではレッカー車による移動は10kmまで無料となっている。そして路上でトラブルが起きた際の路上修理にも対応。30分以内の作業時間に関しては無料となっている。

ロードサービスの対象車両は車両総重量3トン以下の自家用に限られている。対象地域は日本全国(一部離島を除く地域)だ。

ENEOSを頻繁に利用する方は持っておいても損をすることがない便利なクレジットカードであることは間違いない。

ちなみにENEOSカードの年会費は初年度無料、次年度以降は1250円(税抜き)となっている。ENEOSカードSについては年1回以上のENEOSスタンドでカードを使えば次年度の年会費が無料。

このサービスはENEOSカードSだけに適用されている。