漢方スタイルクラブカード

漢方スタイルクラブカードは一定のガソリンスタンドで給油をしない方にとってメリットが高いカードである。つまり給油ができればガソリンスタンドなんてどこでも良い。そんな方のガソリン代を節約してくれるカードだ。

このカード、様々なクレジットカード情報雑誌等でも高評価を得ているカードである。

その理由がデフォルトでも他を圧倒する高還元率となっているからだ。基本還元率は1.75%。例えばガソリン価格が130円の場合、値引き額相当は約2.2円となる。

「指定スタンド2円値引き」といったカードよりも実はガソリン代の節約に繋がるのだ。またガソリン価格が高騰するほどに還元額も上がってくるのでお得度が増してくる。

漢方スタイルクラブカードはJデポとも提携しているので貯まったポイントをJデポに交換して請求時利用額から相殺することができる。

要はポイント還元型だと物品、サービスとの等価交換といった形のカードもあるなかで、漢方スタイルクラブカードはしっかりと請求から現金値引きができる。

ポイントを物品交換よりも請求時の値引きを交換が良いといった方にもメリットが高いだろう。

不特定スタンドで給油する方にベストカード

ドライバーの方で利用するスタンドが決まっていない方も大勢いるはずだ。ガソリン代を節約するために各スタンドでお得なガソリンカードを作るのも良いがあまり利用しないスタンドでは年会費によってカードを持っているだけで損をするケースもある。

それなら漢方スタイルクラブカード1本でガソリン代を支払いした方が手軽だしお得になるケースもある。

さらに追加でETCカードも作れる。ETC利用もしっかりと1.75%還元されるのでドライバーにとってメリットが高いと言えるだろう。

楽天ユーザーでないなら楽天カードより、漢方スタイルクラブカードの方がメリットが高いと俺は感じている。

毎月のガソリン代で漢方スタイルクラブカードのお得度を見る

毎月の給油代金が1万〜5万と仮定して1.75%還元でどれだけ値引きされるのかシミュレーションしてみた。

月間ガソリン代金 値引き額
月間1万円 値引き額=175円相当
月間2万円 値引き額=350円相当
月間3万円 値引き額=525円相当
月間4万円 値引き額=700円相当
月間5万円 値引き額=875円相当

ガソリン価格が高騰すれば給油量は同じでも月間給油料金は上がってくる。その時にはより高値引きになってくる。

指定スタンドの高還元カードに比べると値引き額は劣るが、一律値引き型(いつでも2円引きなど)のカードに比べると還元率は高い。

ENEOSカードの一律値引き型、ENEOSカードSと比べてみてくれ。

まさに給油は決まったスタンドでしないよ。といったドライバーに最適なカードである。

漢方スタイルクラブカードがお勧めなドライバー

  • 決まったスタンドで給油しない
  • 有料道路も使う
  • 充実した保険付帯のカードが良い
  • 通常ショッピングも高還元率がいい
  • ETCカードも無料で作りたい

漢方スタイルクラブカードの前提として決まったスタンドで給油をしないことを必須条件として上記項目の2つ以上に当てはまればベストカードだ。

ガソリン支払い以外でも1.75%といった高還元率のガソリンカードはまずない。

漢方スタイルクラブカードの基本情報

漢方スタイルクラブカード

年会費 初年度無料/次年度1500円(税別)
国際ブランド VISA/JCB
追加カード ETC/家族カード
ETCカード 年会費:無料
カード利用限度額 利用状況により変動
海外旅行保険 最高2000万円(自動付帯)
国内旅行保険 最高1000万円(利用付帯)
ショッピング保険 ネットあんしんサービス/カード盗難保険
ロードサービス なし
支払い方法 1回/2回/分割/ボーナス一回/リボ払い
引き落とし日 月末締め/翌月27日払い
申し込み資格 18歳以上、安定収入があること(高校生不可)

人気ガソリン割引カード